給湯器トラブルでは評判のよい水道工事業者も必要

給湯器から水が溢れだしたりしたら誰でも慌てます。しかし給湯器 水漏れトラブルは必ずしも給湯器自体の故障とは限りません。もちろん水漏れ状態のまま放置しておくわけにはいきませんが、冷静に原因を見定め、的確な対応をすることが大切です。そのパートナーとして、評判の良い水道工事業者をあらかじめリストアップしておくと、いざという時パニックにならずに済みます。

■給湯器の自動水抜き機能の作動かどうかを確認

給湯器の水漏れは重大なトラブルの信号となっている場合もありますし、慌てるほどの事ではないケースもあります。しかしその判断は素人では難しい点が多いので、給湯器 水漏れという事態に遭遇した場合は、数ある水道修理業者の中でも評判が良い店に点検してもらい、点検結果次第で修理を依頼したり、本体交換工事を発注するという流れが適切な対応です。
給湯器自体の故障ではないのに水漏れ現象が起きるケースの一つは、長期間使用しなかった場合です。給湯器は内圧が高くなると水抜き栓から水を排出して圧力を下げる機能が備わっています。長期間使用せず、久しぶりに作動させたときにこの現象が起きた場合は、給湯器が正常に機能していることになります。
しかし水抜き栓以外の場所が漏水しているのであれば、給湯器が故障している可能性があります。給湯器本体からどんどん水漏れしているとか、接続部分から漏水している場合は、何らかの異常が起きている可能性があるので速やかに業者に連絡することが重要です。

■給湯器トラブル時は使用を停止し業者に連絡

冬場には給湯器内部の水が凍結して膨張し、給湯器のパッキンや接続部分が破損してしまうことがあります。しかし普通の環境で新しい給湯器から水が漏れ出した場合は取り付けの際の整備不良が疑われます。個人住宅の場合は設置業者に連絡するべきですし、マンションであれば管理組合を通して管理会社に連絡すれば指定業者が対応するはずです。この連絡をする前に、とりあえず給湯器の作動は停止させます。次に水漏れ場所を正確に把握しますが、配管接続部や給湯機本体から水が漏れている場合は絶対に使用を再開しないでください。
ガスや石油類を使う給湯器の設置は水道工事業者やガス専門業者が行いますが、工事完了直後は問題なくても使っているうちに負荷がかかって水漏れに至ることはありえます。業者側もこうしたトラブルには誠実に対処しますので、正確な情報を伝える事と、業者が到着するまでにやるべきことを指示されたら、それだけを的確に実施し、余計なことはしないとうのが鉄則になります。

■まとめ
給湯器自体の構造は一見したところでは極めて複雑というわけではありませんので、水漏れトラブルがあった場合に自力で修理できるように錯覚しがちですが、熱を発生させるシステムですから素人修理は危険です。最悪の場合は不完全燃焼で一酸化炭素中毒を引き起こすという事態もありえます。給湯器の機能による正常な水漏れと考えられる場合でも、自分で勝手に修理するととんでもない事になりかねません。あらかじめピックアップしておいた評判の良い水道業者やガス業者などプロに任せるのが安心です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ