給湯器の交換時は評判のよい水道工事業者にも連絡

キッチンや浴槽で快適にお湯を使えるのは給湯器のおかげですが、機械ですから故障もあり得ますし経年劣化もします。給湯器としての寿命がきて機能が果たせなくなったら交換するしかありません。どのような現象が起き始めたら交換時期が近づいているのか、なぜ交換が必要なのかを理解した上で、きちんとした技術と資格を持つ評判のよい水道工事業者や給湯器専門業者に依頼することが重要です。

■給湯器の寿命が近いことを知るサイン

給湯器は水と熱発生システムを使う特殊な機器です。漏水などに関することは水道修理専門業者が対応できますし、燃焼トラブルは資格を持ったスタッフを持つ業者に依頼しますが、寿命が来て修理不可能な状態になっている場合は給湯器を交換することが大切です。おおむね次の現象が起きたら交換時期が来ていると判断するのが妥当です。分かりやすいのは、お湯を出す着火音が大きくなってきたケースや、給湯器から異音がしたり作動音が大きくなるという、音に関する異常の感知です。お湯の温度が設定温度より高くなったり低くなったりする場合や、お湯が出る勢いが不安定になるといった体感的な異常感知も重要です。リモコン画面にエラー表示が出たら寿命のサインかもしれませんが、リモコン自体の単純な故障というケースもあることを知っておくことも必要です。

■メーカーが定めた標準使用期間を意識することが重要

故障の場所が水系統部分であれば評判の良い水道修理業者を探して修理を依頼してもよいですが、給湯器本体の故障が疑われる場合で、相当年数が経っている場合は安全を優先して新品に交換するのが賢明です。熱発生システムの寿命が尽きかけているのであれば、修理しても再度トラブルを起こす懸念があり、最悪の場合生命の危機に見舞われるような事故を招きかねないからです。
給湯器メーカーは標準的な使用条件下で支障なく安全に使用できる設計標準使用期間を定めており、家庭用給湯器ではおおむね10年間としています。これに準拠して、その機種の部品供給期限を定められているため、古い給湯器は修理しようにも交換部品がないという事態もあり得ます。仮に部品があったとしても、時を経ずして他の部分が故障する可能性は高く、そのたびに補修をしていると結果的に交換するよりも高額な費用がかかってしまうことも考えられます。

■まとめ
給湯器 交換は安全にお湯を使える生活を維持するには避けることができません。寿命が近づいたことを知らせるサインを注意深く観察し、その時に備えて予算を確保し、交換依頼をすることが賢明な選択です。その際には業者の選定が大切です。不十分な給湯器 交換作業は事故につながる恐れがありますので、水道系統にせよ給湯器本体にせよ、交換作業を依頼する場合は近隣住民やネット上の評判をよく調べて依頼することが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ