評判の良い水道局指定工事店を探す方法

新築時やリフォーム時の水道 工事は発注側に余裕があるので専門業者の評判をネットなどで調べて依頼することができますが、水漏れや断水など突然の水のトラブルに見舞われた場合は焦ってしまうので、業者の評判を十分調べずに依頼してしまい高額な費用を請求されるといった事もあり得ます。こうした被害に遭わないためには最低でも2点に留意することが大切です。

■水道局指定工事店を選択する重要性

水道法で工事資格が定められている工事を無資格者がやると違法になります。工事が必要になったら各地方自治体の水道局指定工事店に依頼することが重要です。パッキングなど一部の簡易的工事は非指定業者でもできますが、技術力、補償などの観点からお勧めできません。万一工事権限のない業者に依頼したことが判明した場合、自治体によってはペナルティを課すところもあるので注意が必要です。
しかし数ある業者の中から指定工事店を知るにはどうすればいいのでしょうか。一番信頼できるのは各地方自治体が公表しているリストに掲載されているかどうかを確認することです。ほとんどの自治体は公式サイトに業者情報を掲載していますので、チェックすると簡単に分かります。
指定工事店といっても都市部では相当な数に上ります。その中から、水道 工事に関する説明や費用細目などが丁寧であるといった、評判がよい水道工事業者を選ぶことが大切です。

■丁寧な見積もり書かどうかチェックが大切

業者に関する情報の中でも、見積もり費用と実際の請求費の乖離が大きいか小さいかはとても重要です。見積もりをめぐるトラブルを回避するために効果的なのは、複数の工事業者を選んで相見積もりを取ることです。同じ工事をするにあたって、総費用は重要なチェックポイントですが、工事に使用する材料の数量や品質に関する情報を詳しく明記しているか、工事の内容を具体的に記載しているか、項目ごとの金額を書かずに総額だけを書いていないかなどの確認も重要です。実際に工事を始めてから材料や工事項目が追加されたりする懸念があるからです。
また見積もり書は契約書ではありませんから、執拗に署名を求められたら拒否をするほうが賢明です。業者によっては見積書の署名によって工事契約に同意したとみなすことがありトラブルの元になりかねないからです。
ネット上には業者のランキングサイトなどもありますが、日ごろから近隣住民との口コミ情報を集めておくことも大切です。

■まとめ
水道は長年使っていれば老朽化は避けられず、漏水や断水が起きる可能性は否定できません。むしろ水周りのトラブルはいつかは起きるという自覚をもった方がいいでしょう。そのため、日ごろから水道 工事を依頼する業者について近隣住民との情報交換を密にしておき、確かな技術を持ち、丁寧で正確な見積もり書を作成し、疑問点にも懇切丁寧に答えてくれる業者リストを作っておくことが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ